【ヨガマット】どっちを買ったらいい?8mmと10mmおすすめの厚さは?

「8mmと10mmなんてそんな変わらないんでしょ?」

なんて思っている方は注意してください。

特に、硬いフローリングの感触が気になっているなら要チェック!

本記事の内容

・8mmと10mmのヨガマットを使って感じたこと

本記事では、厚さ8mmと10mmのヨガマットを使ってみて感じたことをまとめています。

ちなみにおすすめの厚さは10mmです。

自分の足を大切にしているなら、ぜひ記事をご覧ください。

目次

【ヨガマット】8mmと10mmの大きな違いってなに?

10mmのヨガマットを使っていましたが、ボロボロになったため気になっていた8mmのヨガマットを2代目として購入。

両方使ってみた感想は、こだわりがなければ10mmでOKです。

厚さ10mmのヨガマットだと、フローリングの硬さはまったく気になりませんでしたが、厚さ8mmだとすこ~しだけ床の感触があります。

ほんとにすこ~しだけなので、「まったく気にならない」と言う方もいらっしゃると思いますが、まっくすは気になっちゃったんだよね~。

もちろん使用する方の体重で感触が変わってきます。

参考として、まっくすの体重は約76kgです。

男性より体重が軽い女性なら、8mmの厚さでも問題なく使えるかと思いますが、そこまで大きく値段やサイズは変わりません。

「硬くて冷たいフローリングの感触はイヤ!」という方は、厚さ10mm以上を購入してください。

厚さ10mmヨガマットのメリット・デメリット

2つのデメリット

・けっこう重い
・保管スペースがけっこうとられる

2つのメリット

・フローリングの硬い感触がなくなる
・振動がかなり軽減される(騒音問題になりにくい)

厚さ10mmのヨガマット最大の特徴は「硬いフローリングの感触がなくなる」です。

「10mm=1cmだから大した違いはないんじゃないの?」って思うかもしれませんが、感触がまったく違います。

体重を支える足の負担も軽減されるし、マンションなら響きにくくなるので、迷っているなら10mmを買っておけば問題ありません。

厚さ8mmヨガマットのメリット・デメリット

1つのデメリット

・10mmと比べるとフローリングの感触があるかも

1つのメリット

10mmより軽く持ち運びしやすい

厚さ8mmのヨガマットが厚さ10mmのヨガマットより優れている点は、少し軽くなったくらいだと感じました。

デザインにこだわりがなければ10mmを購入すれば間違いありませんが、デザインとかに強いこだわりがあるなら別。

ただし、フィットボクシングでヨガマットを使うと3ヶ月~半年で買い替えることになるので、こだわりより性能面(厚さ・滑り止め等)を見て購入すればよろしいかと。

【まとめ】硬いフローリングをまったく感じない10mmのヨガマットがおすすめ

硬いフローリングの上で使うヨガマットは、厚さ10mmがおすすめ。

足の裏に硬いフローリングの感触はありませんし、足の負担軽減やドスンドスンといった騒音問題の解消にも効果的ですよ。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる