みんなが買ってるおすすめヨガマット3選!

みんながどんなヨガマットを買っているのか気になる

って思いませんか?

本記事の内容

・みんなが買っているヨガマットを紹介

「〇〇ブランドがおすすめ」とか「厚さは〇mmがいい」とかいろいろな情報が入ってくるけど、「どれを買ったらいいのか決められない」という方は意外と多いはず。

本記事では、「ヨガマットをどれにするか決め切れていない人」におすすめの記事です。

目次

おすすめのヨガマットの厚さは?

すでにご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、ヨガマットの厚さについて改めて確認していきます。

ただし「床の冷たい感触をなくしたい」と考えている方は、8mm以上がおすすめです(体験済み)。

ヨガ・ピラティスにおすすめの厚さは?

マットの上で激しい運動をしないなら、持ち運びがしやすい4mm・5mmのヨガマットで問題ありません。

10mmと比べれば薄くて軽いので、お手入れや管理がめちゃくちゃ楽だし、外に持ちだす場合も移動が楽になりますよね。

家で保管するときは、厚みがないからコンパクトにまとめられて収納できます。

つまり家が圧迫されません。

フィットボクシングなど激しい運動におすすめのヨガマットの厚さは?

激しい運動をする予定なら、足への負担軽減と振動防止のために8mm以上がおすすめ。

特におすすめしたい方は、マンションやアパートなど集合住宅の2階以上に住んでいる方です。

階下への振動防止は必須なので、トラブルを未然に防ぐためにもヨガマットは準備しておいてください。

みんなが購入しているヨガマット3選

お待たせしました。

それでは、よく購入されているヨガマットを順番に見ていきましょう。

adidas(アディダス)10mmヨガマット

一番人気はadidasのヨガマットです。

性能はもちろんですが、ネームバリューの安心感がありますよね。

ヨガマットを探してみるとわかりますが、初めて耳にするようなメーカーさんばかり。

その中に、聞き慣れたブランドの名前が出てきたらどうでしょうか。

ついつい選んじゃいませんか?

Gruper(グルーパー)6mmヨガマット

二番人気はGruper(グルーパー)のヨガマットです。

2021年8月15日時点のレビュー総数は4,000件以上で、全体の78%が☆4以上の高評価です。

☆3を含めると91%と、ものすごい数値を叩き出しています。

評価の総数と高評価を見て、「ここなら間違いないな」と安心して買い物ができますよね。

ただし、厚みが6mmなので、使い方や環境によっては注意が必要です。

GronG(グロング) 10mmヨガマット

最後はGronG(グロング)のヨガマットです。

カラーバリエーションが豊富なので、自分好みの色をチョイスできるのが強み。

5万個以上の売り上げ実績があり、レビューや評価も悪くないので安心して購入できます。

【まとめ】激しい運動をするなら8mm以上のヨガマットがおすすめ

本記事では「どんなヨガマットが買われているのか」をまとめました。

足の負担を軽減するため、個人的には8mm以上がおすすめです。

どのヨガマットを買おうか悩んでいる方は参考にしてください。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる