「シックスパッドパワーローラーS(エス)使い方は?」をまとめてみた!

「シックスパッドパワーローラーS(エス)って、ふつうのマッサージ器と何が違うの?」

って考えてる人が、意外と多いことがわかりました。

なので今回は、シックスパッドパワーローラーS(エス)で体のメンテナンスをしたいんだけど、どうやって使えば効果的?という悩みを解消します。

この記事で紹介することはたった1つ。

①まっくすはどうやって使っているのか

これだけを写真付きで紹介します。

≫コチラの記事でシックスパッドパワーローラーSの詳細を書いているのでぜひ読んでみてください。

どうやって使うのが効果的?【シックスパッドパワーローラーS(エス)】使い方をまとめてみた!

我が家での、シックスパッドパワーローラーSの使い方は2通りです。

・乗って刺激する
・乗せて刺激する

といっても、なかなかピンときませんよね。

なので1つずつしっかりと説明します。

乗って刺激しよう

首・背中・肩甲骨・足裏がメインです。

シックスパッドパワーローラーSは、120kgまでの重量に耐えられる設計なので76kgのまっくすでも安心して全体重を預けることができます。

従来のマッサージ器と違うところは、「自重でマッサージができる」というところ。

その性能をフルに活用したのがコチラ!

足の裏めっちゃ気持ちいい・・・♪

凹凸形状だからこう・・・ゴリゴリってめり込んできて・・・マジ至福(*’ω’*)

この要領で、仰向けに寝っ転がって背骨と肩甲骨の間にシックスパッドパワーローラーSを滑り込ませます。そしたら左右にゴリゴリやるだけで・・・至福(*’ω’*)

やった瞬間に肩甲骨が泣いて喜ぶこと間違いなし。

首や肩のコリにも使えるので、ほんと助かってます。

乗せて刺激しよう

ひざ裏・腰がメインです。

乗せるので、自重は関係ありません。

仰向けになってから、ひざ裏に乗せてみましょう。

写真は嫁さんに協力してもらいました。

ひざ裏ってなかなかマッサージできない部位のひとつで、自分の指で押したりすることがほとんどなのではないでしょうか。

押したことがない人は今押してみてください。

意外と気持ちよかったりしませんか?「あ~疲れたまってる~」みたいな。

ひざ裏はリンパが詰まる部分だったりするので、快適にマッサージできるっていうことがステキ。

腰も同じように、仰向けになってシックスパッドパワーローラーSを乗せるだけ。

乗せるやり方だと両手が空くので、携帯をポチポチいじったり資格の勉強とかできるのが最大のメリットです。

シックスパッドパワーローラーSは、体のメンテナンスを〇〇しながらできる!

よく耳にする、ながら運動・ながらストレッチができます

例えば、テレビを観ながら」「携帯ゲームやりながら」「資格試験の勉強をしながらとか。

体のコリをほぐしながら(座りながら・寝っ転がりながら)好きなことができるって、控えめにいっても最高ではないでしょうか。(さすがに立って使うのは難しい)

【シックスパッドパワーローラーS(エス)】使い方!まとめ

結論。

まっくすはどうやって使っているのか?
・乗って刺激する
・乗せて刺激する

乗るときは自重でめり込ませてゴリゴリと奥深くを刺激。

乗せるときは、座ったり寝っ転がったりしつつ好きなことをやりながら刺激。

今までのマッサージ器って自分で肩や腰に当てていましたよね。

シックスパッドパワーローラーSは今までのマッサージ器と使い方が違い、ながらマッサージができるので時間を無駄にせず体のメンテナンスができちゃいます。

少しでも興味を持った方は、≫コチラの記事でシックスパッドパワーローラーSの詳細を書いているのでぜひ読んでみてくださいね。

シックスパッド パワーローラーエス
created by Rinker