MENU

【カルディ】おすすめはどれ?3種類の「ドライパイナップル」を徹底比較

  • カルディにある3つのドライパイナップルって何が違うの?

本記事では、カルディで取り扱っている「ドライスティックパイナップル」「セブ島ドライパイナップル」「ノンシュガードライパイナップル」の特徴や食べ比べた感想をまとめています。

「味の違いが気になる」「どのドライパイナップルを買おうか迷っている」「おすすめのドライパイナップルを教えてほしい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

本記事の内容
  • ドライパイナップル3種類の食べ比べ
  • 個人的おすすめのドライパイナップルを紹介
  • パケ裏情報や価格チェック
  • 妻の正直な感想
まっくすはこんな人
まっくす
  • 2018年から週5でKALDIに通い始める(今は週1)
  • 「食べてみたい」と思ったモノを紹介します
  • おいしい食べ物を見つけた感動を共有したい
目次

カルディで買える3種類のドライパイナップルを食べ比べてみた

  1. ドライスティックパイナップル
  2. セブ島ドライパイナップル
  3. ノンシュガードライパイナップル

どれも似たり寄ったりでしょ?って思いますよね。

まあ厳密に言えばそうなんですけど、好みとかあるじゃないですか?

この記事で、自分好みのドライパイナップルを見つけて頂ければ幸いです。

それでは、1つずつ食べていきます。

カルディのドライパイナップル①:ドライスティックパイナップル

まっくす

実は「ドライスティックパイナップル」が個人的におすすめだったりします。

なんと言っても、甘すぎずサッパリした味わいが最高ですね。

まずは、パケ裏チェックへ。

  • 内容量:100g
  • エネルギー:335kcal
  • 加工者:KOWAKE 多摩工場
  • 販売者:キャメル珈琲
  • 特徴:パイナップルの芯を使用

この後に紹介する2つのドライパイナップルは、製品として加工したモノを輸入していますが、ドライスティックパイナップルは、パイナップルを輸入してから日本で加工しています

  • 270円(税込)
  • 213円(SALE時)

セールになるとかなり安くなるので、手に取りやすく感じるかなと。

ちなみに、セールで安くなっていたら3つほどまとめて買っています。(どうでもいい)

それでは、中身のチェックをしていきましょう。

芯を使った珍しいドライフルーツですね。(かんぴょうみたい)

形は細長くて、つかみやすいですね。

指がベタつかないのが高ポイント。

それでは、いただきます。

(´~`)モグモグ

うんうん。

あたり前だけど、芯だから食感は硬め。

でも、この硬い食感がクセになるわ~♪

原材料に砂糖を使っているみたいですが、砂糖の甘さはほとんど感じず、サッパリしています

甘さ控えめで食べやすいドライフルーツですね🤤

ちなみに指はベタつきません。

カルディのドライパイナップル②:セブ島ドライパイナップル

次に紹介するのは、芯ではなく甘い果肉を使ったドライパイナップルです。

パッケージは、めちゃくちゃおいしそうに見えるぞう♪

それでは、パケ裏チェックしていきます。

  • 内容量:100g
  • エネルギー:343kcal
  • 原産国:フィリピン
  • 輸入者:オーバーシーズ
  • 特徴:柔らかくジューシー

特に変わった点はありませんね。

あえて言うなら、芯を使ったドライスティックパイナップルと比べて、8kcalしか差がないことでしょうか。

果肉と芯だから、もう少しカロリーに差が出ると思っていたんだけど、そんなに差はありませんでしたね。

続いて、お値段チェック。

  • 235円(税込)

ドライスティックパイナップルより、35円ほど安いですね。

パイナップル1つに対して、使える部分を考えると、妥当な価格設定なのかなと。

それでは、中身チェックへ。

これぞ、ザ・王道のパイナップル、というべきでしょうか。

1つめに紹介した、ドライスティックパイナップルは、パイナップルの芯を使っていましたが、こちらは甘~い果肉をたっぷり使っています。

サイズ感もごろっとしていて、食べ応えよさそうな感じ。

それでは、いただきます。

(´~`)モグモグ

フルーティーさはあるけど、砂糖の甘さがちょっと強いかも

まっくす

パイナップルのシロップ漬けみたいな甘さですね。最初はパイナップルを感じるけど、後味が砂糖の甘さがちょい強め。

大人は好き嫌い出ると思いますが、子供は大好きな味かもしれませんね。

ちなみに、少しだけ指がベタつきます。

カルディのドライパイナップル③:ノンシュガードライパイナップル

まっくす

本記事で紹介する3つのドライパイナップルの中で唯一、砂糖・保存料が不使用のドライパイナップルです。

原材料を確認するために、パケ裏をチェック。

  • 内容量:40g
  • エネルギー:130kcal
  • 原産国:フィリピン
  • 輸入者:オーバーシーズ
  • 特徴:砂糖不使用

原材料がパイナップルだけでした。

確かに砂糖は使っていないっぽいですね。

ちなみにお値段は?

  • 198円(税込)

100gあたりの価格はちょい高めで、他の2つ比べたらおよそ2倍近く差がありました。(価格差が気になる方は、もう少し下にエクセルでまとめた表があるので、参考にしてください。)

それでは、中身チェックへ。

あれ?買うもの間違えたかな?おつまみ買った記憶はないんだけど・・・。

香りも甘じょっぱいおつまみみたいな香りなので、マジで混乱しました。

まあ食べてみたら、また違うかもしれませんけどね。

ということで、実食。

(´~`)モグモグ

・・・食べてみたら、ぜんっぜん違うじゃない♪

え?めっちゃウマいんですけど!?

優しいパイナップルの甘みと、柔らかい果肉。

ほんのり酸っぱさも加わって、こりゃクセになるぞ。

パイナップル以外の余計な甘みはないから安心してちょ~だい(*’ω’*)

食べ比べた3つのドライパイナップルの違いを表にまとめました。

購入する際の参考にしてください。(最後のまとめでも同じ表を貼っています)


ドライスティックパイナップル

セブ島ドライパイナップル

ノンシュガードライパイナップル
内容量100g100g40g
特徴芯を使ってサッパリフルーティジューシーな果肉砂糖・保存料不使用
販売価格270円235円198円
100gあたりの価格同上同上495円
個人的おすすめ度★★★★★★★★☆☆★★★★☆
カルディで買えるドライパイナップル比較表(2022年9月時点)

【妻の感想】ノンシュガードライパイナップルが好き♪

よっめ

どれもおいしい!味のバラつきがけっこうあるね

大前提としてなんだけど、私がドライフルーツを食べるときって、口寂しいときに食べるんだよね。

「小腹が空いたとか」「ちょっとだけお腹を満たしたいとか」そういう時には食べないのであしからず。

それじゃ、だんなと同じ順番で私の感想を書きますね。

妻の感想①:ドライスティックパイナップル

よっめ

うん♪コレ好き♪

どこがいいかって言うと、このサイズ感がいい。

食べ応えがあるけど、大きすぎない感じね。

芯を使っているから、ビーフジャーキーとかスルメみたいな歯ごたえで、食べていて気持ちがいい。

まさに、健康的なおやつって感じかな。

芯って聞くと、フルーティーさがないように感じるかもだけど、パイナップルの旨味やフルーティーさはしっかりあるから安心してね。

妻の感想②:セブ島ドライパイナップル

よっめ

噛めば噛むほど甘みを感じるね

フルーティーというより、アメちゃんとかおかしに近い感じだけど。(セブは、甘いけどちょい重)

とは言え、パイナップルの柔らかい果肉を使っているからとってもジューシー。

甘みが強いから、食べすぎるともたれるかも。

ジッパー付いているから持ち歩けるのいいよ。

個人的な希望を言わせてもらうと、もうちょっと少なくていいから安くしてほしいかも。

税込200円前後で、食べきりサイズの方が、気軽にトライできる。(1~2週間に1回くらいの間隔で)

妻の感想③:ノンシュガードライパイナップル

よっめ

前から好きです!

パイナップルを甘じょっぱくなるまでコトコト煮詰めたような感じで、ドライフルーツにしては珍しく、旨味がぎゅ~って詰まっている感じがする。

噛めば噛むほど味わい深くなるのも見逃せないし、見た目とは裏腹にそこそこの厚みと噛み応えがあって飽きない。

ちょっとお腹が空いたときとか、ご飯食べたけど物足りない時におすすめ。

それぞれ感想を述べたところで恐縮ですが、以下が私のお気に入り順位です。

妻の好きな順番
  • 1位:ノンシュガードライパイナップル
  • 2位:ドライスティックパイナップル
  • 3位:セブ島ドライパイナップル

砂糖・保存料を使っていないノンシュガードライパイナップルが個人的にTOPです。

「パイナップルの旨味」「1つひとつのサイズ感がちょうどいい」という点から、個人的1位は揺るがないですね。

【まとめ】好みのドライパナップルを探してみて

「ドライパイナップル」まとめ
  • ドライスティックパイナップル➡サッパリした味わい。
  • セブ島ドライパイナップル➡柔らかくて甘い果肉。
  • ノンシュガードライパイナップル➡素材の旨味がギュッ!

本記事では、カルディで買える3種類のドライパイナップルをまとめました。

果肉を使っているのはもちろん、芯だけを使っていたり、砂糖や保存料を使っていないものもありました。

どれもおいしいと思うドライパイナップルなんですけど、とりあえず「甘いか」「甘くないか」この2つで絞って選んでみると楽しいかもしれません


ドライスティックパイナップル

セブ島ドライパイナップル

ノンシュガードライパイナップル
内容量100g100g40g
特徴芯を使ってサッパリフルーティジューシーな果肉砂糖・保存料不使用
販売価格270円235円198円
100gあたりの価格同上同上495円
個人的おすすめ度★★★★★★★★☆☆★★★★☆
カルディで買えるドライパイナップル比較表(2022年9月時点)

おすすめ記事:【カルディ】おすすめのドライフルーツ山査子(サンザシ)レビュー

おすすめ記事:【カルディ】どれを食べたらいい?種なしプルーンおすすめ3選

おすすめ記事:【カルディ】「カルフォルニアプルーン種付き」レビュー|日本国内で加工しています

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次